- toshihiro komatsu home Observatory 展望台
- Works 1999
exhibition
Special Projects Fall 1999
MoMA PS1
Long Island City, New York, U.S.A.
site-specific installation
mirror, aluminum, wood, enamel, backdrop paper



展覧会
スペシャルプロジェクト 1999年秋
MoMA PS1
アメリカ合衆国 ニューヨーク市 ロングアイランドシティ
サイト・スペシフィック・インスタレーション
鏡、アルミニウム、木材、エナメル塗料、バックドロップ・ペーパー
view into periscope at P.S.1
looking into the lower gallary where the exhibition "Promise of Photography" is on view.


P.S.1にて展望鏡の中の眺め
Promise of Photography展が開催中の下階の展示室を覗く

Since 1988, I have been creating spatial works, which often depend on the physical space in which they are located. My installations are created especially for a specific museum space or other institutionalized spaces and are composed by not only a group of objects displayed in the exhibition space but also by the entire environment (outside the museum). Some installations make visitors experience the surrounding art space and the outdoor environment. The periscopes are entirely made with inward-facing mirrors inside to compose a structure of a square tube, embedded into the wall or the floor of the exhibition space to reach the viewer's sight into the lower galleries and beyond the wall where the another exhibition is on view. The periscopes extend our sense of space breaking down the physical and structural limit of architectural container.



1988年から空間を扱う作品をつくってきましたが、それらはしばしばそれらが位置する物理的空間に従います。私のインスタレーションは、特定の美術館空間やその他の制度的空間に特別につくられ、展覧会場に展示されるオブジェ群だけではなく、美術館外のすべての環境によって成ります。幾つかのインスタレーションは、周囲の芸術的環境や屋外環境を、訪れる人に体験させます。展望鏡は、4枚の鏡が四角い筒の内部で向き合う構造をしていて、他の展覧会が行われている下階や壁の向こう側に鑑賞者の視線を到達させる為に、展覧会場の壁や床に埋め込まれています。展望鏡は、建築物の物理的、構造的な限界を超えることで、我々の空間感覚を拡張します。