- toshihiro komatsu home Water Pavilion ウォーターパビリオン
- Works 2007
exhibition
TEAF 2007, Ulsan City, the Republic of Korea

310 cm (h) x 299 cm (w) x 495 cm (d)
2880 glass canisters, waters of Taehwagang river, steel, metalic paint, silicone glue



展覧会
TEAF 2007 大韓民国 ウルサン市

310 cm (高) x 299 cm (幅) x 495 cm (奥)
2880個のガラスキャニスター、Taehwa川の水、鉄、塗料、シリコン

Water Pavilion, consisting of 2880 glass canisters filled with water taken from the Taehwagang river in Ulsan, the Republic of Korea, was situated by the Taehwagang river. The walls of the glass canisters filled with water were transparent and looked like a wall of glass block. My intention was to bring people's attention to the river water and was to change their perception of the place by looking through the transparent wall - or a large lens - of the Taehwagang river waters. Nothing is more precious than water. The pavilion contained the river and paid homage to the Taehwagang river.



大韓民国ウルサン市Taehwa川の水の入った2880個のガラスキャニスターによって造られた、ウォーター・パヴィリンはTaehwa川沿いに設置されました。水の入ったガラスキャニスターの壁は、透明であり、ガラスブロックの壁に似ていました。私の意図は、人々の注意を川の水に向けさせ、Taehwa川の水の透明な壁(あるいは巨大なレンズ)を通して見ることで、この場所の知覚を変えることでした。水ほど貴重なものはありません。川によって成るこのパヴィリオンは、Taehwa川へのオマージュとなりました。