- toshihiro komatsu home ATELIER 217
- Works 1995
ATELIER 217
Rijksakademie van beeldende kunsten
Sarphatistraat 470
1018 GW Amsterdam
Two mobile models of ATELIER 217, one exact model and one skewed axonometrically into parallelogram.
106 x 77 x 171.5 (cm)
MDF, steel, wheel, spring, glass, mirror, paint
二つの移動するATELIER 217の模型、一つは忠実な模型、もう一つは軸測投影法的に平行四辺形に歪めた模型。
106 x 77 x 171.5 (cm)
MDF、鉄、キャスター、バネ、ガラス、鏡、塗料
 
interior view of the model
Four sheets of mirror mounted inside the model reflected the repetition of the model's one window and diverse exterior views from this window.


模型の内側の眺め
四枚の鏡が取り付けられた模型の内側は、模型の一つの窓の反復とこの窓から見える様々な眺望を映し出しました。
exhibition
'On Happiness; Contemporary Japanese Photography'
Tokyo Metropolitan Museum of Photograpy 2003


展覧会
「幸福論」東京都写真美術館 2003年

ATELIER 217 (1995, Amsterdam), moveable model studios mounted on casters, with four panel mirrors inside, is a replica of ATELIER 217 at the Rijksakademie. I have made my own space free to move. In one of the models, I have simply shrunk my studio. In the other, I have axonometrically deformed it (using parallel perspective, as seen from an angle, above). The mirrors inside the model reflect the exterior environment visible from the windows inside the model studio, showing reversed and inverted images. While moving this portable model studio on the roads in public spaces, I photographed the exterior environment as reflected in the mirrors within it at each point. That moveable model studio has much in common with a large-format camera. Thus these are the representation of the rooms as well as the rooms for representation, like the camera obscura, a movable chamber that could be placed outdoors. By transforming the artist's studio into a visual device for copying the real world, I am ultimately creating the link between camera, photography and architecture.



内部に四枚の鏡板が設置された、キャスター付きの可動式スタジオ模型ATELIER 217(1995年、アムステルダム)は、ライクスアカデミーの自らのスタジオであるATELIER 217のレプリカです。それは自身の空間を移動可能なものにします。一つはスタジオをただ縮小したもので、もう一つはアクソノメトリック風の平行四辺形にスタジオを変形しました。モデル内部の鏡は、窓から望む外部環境をスタジオ模型内部に反復、反転、倒立したイメージとして映しだします。制作者はこのスタジオ模型をパブリックスペースの路上を移動させながら、各ポイントでスタジオ模型内側の鏡に反映された外部環境を写真撮影しました。この可動式スタジオ模型は、大型カメラと共通性をもちます。したがって、これらは屋外に置かれた移動可能な部屋(カメラ)である、カメラ・オブスキュラにも似た、部屋 (ATELIER 217)の再現であるとともに、再現の為の部屋(カメラ)と言えます。アーティスト・スタジオを、現実世界をコピーする為の視覚装置へと変容することで、カメラと写真と建築との繋がりを最終的につくりだしました。