- toshihiro komatsu home

- Statement

My work is about the relationships between built spaces I myself have encountered, the people who live and work there, and the nearby environment. I went to Germany in 1994 and then lived in the Netherlands (1994-97) and the United States (1997-2002). At present, I reside in Kyoto. My investigative method is to study the architectural peculiarities of a place and define its identity, creating specific works for that particular place in response to the individual architectural cases I have encountered in the cities of various countries (artists' studios, offices, private homes, exhibition spaces, for example). In another sense, I reconstruct the traditional spatial relationship between inside and outside, creating all sorts of work by the relocation or reconstruction of built spaces or changing their scale. Using temporary structures, sculpture, models, photography, drawing, and other media, I indicate different ways of seeing a single space. My research results may take the form of an indoor installation or various sizes and types of architectural models or pavilions placed in a variety of situations in public spaces.




- ステイトメント

私の作品は、自らが出会った構築された空間と、そこに住み、仕事をする人々、そして近隣の環境との関係についてです。1994年にドイツに渡り、その後、オランダ(1994-97年)とアメリカ合衆国(1997-2002年)に在住し、現在京都に住んでいます。探究方法は、各国の都市で出会った個々の建築的ケースに応じたサイトスペシフィックな作品を制作して建築的特異性を調査し、場所のアイデンティティーを定義することです。あるいは、内(インサイド)と、外(アウトサイド)とのあいだの伝統的な空間関係を再構成して、構築された空間のリロケーションやリコンストラクション、スケールを変えるさまざまな作品を制作します。仮設建築・彫刻・模型・写真・ドローイング等のメデュウムを使用して、単一の空間の異なる見方を提示します。探求の結果は、室内のなかでのインスタレーションの形式となり、パブリックスペースの異なるシチュエーションに配置されたさまざまなサイズやタイプの建築モデルやパビリオンとなります。